人材紹介で仕事さがしタイトル

 

人材紹介とは

 

人材紹介とは、民間の職業紹介会社が提供する職業斡旋サービスのことで、これらは厚生労働大臣の認可を受けています。就職先を探している転職者と雇うべく人材を捜している企業を取り持ち、求められている人材を求めている企業へと紹介するというサポートサービスを提供しています。「人材バンク」「転職エージェント」などと呼ぶこともあります。

 

企業が欲しがる人材を第三者が手配するという点では、派遣業者や請負業者と類似する点があるのですが、人材紹介事業はあくまでも斡旋で、事業者と労働者の間には雇用契約が存在していません。

 

一般に、求職希望者は人材紹介事業者への登録や情報の利用は無料で行えます。雇用者側は、紹介された求職者を受け容れて雇用し、採用した後、数ヶ月が経過しても、その採用者が求人側企業に在籍し続けている場合に、紹介事業者に対して報酬を支払います。報酬の相場は、雇用する求職者の年収の1〜3割が相場といわれています。業者によっては、事業の再編によるリストラに伴う他の会社への転職支援を請け負っている場合もあります。少し話しがズレますが、在宅ワークの支援をおこなっている事業もあります。

 

 

業務体型としては1960年代後半から存在しましたが、規制緩和により有料職業紹介事業者の扱える分野が広がった2000年頃から、新規参入が増えてきており、現在では、港湾運送業務、建設業務以外のほぼ全ての分野で職業紹介事業が可能になっています。

 

主に、各種技術系エンジニア・研究者や経営全般、法務、財務など社業のマネジメントといった職種に利用されることが多く、これらは、初期から、民間による人 材紹介事業で扱われています。「人材バンク」や「転職エージェント」と呼ぶ場合は、ほとんどの場合、この分野の人材紹介事業を指します。この技術系や経営管理系以外の職種で、人材紹介事業が扱われる職種は、看護師やマネキン、芸能関係などがあります。看護師に限ったものは「ナースバンク」と呼ばれることもあります。また、家政婦に特化した「家政婦紹介所」、マネキンに特化した「マネキン紹介所」、配膳人に特化した「配膳人紹介所」など職業別に特化したものが多くなっています。芸能人など個人事業者の職業を紹介する事業も人材紹介に入ります。また、技術系の中でも医療関連の人材紹介は、製薬メーカーの医薬情報担当者を除いて規制緩和まで許認可が下りなかったという背景があり、扱っている業者はとても少くなっています。いわゆる現業・技能系のブルーカラーの職種も、医療関連と同じようにに規制緩和が遅かったために、扱っている業者が少ないです。

 

人材紹介事業は、大抵市場価値が未知数な新卒者よりも転職者を対象として行われるのが一般的ですが、最近では、第二新卒や新卒など若年層を取り扱う業者が増えてきています。

 

現在の人材紹介事業者は自社のウェブサイトを運営をしていて、そこからの登録を受け付ける形態がほとんどになっているのですが、転職情報サイトとは違い、サイト上で検討から応募までの過程が完結することはありません。一般的には、予備登録として、氏名や住所、生年月日などの個人情報や、経歴情報の入力・管理などをサイト上で行った後、実際の案件の紹介は職業紹介事業者の担当者と面接があり、その上で行われる場合が多くなっています。

就職活動を支援する目的で運営している当サイトでは、就職に関係する情報として雇用関連、社員研修情報を扱ったサイトもご紹介しております。興味のある方は是非ご覧になってみてください。就職難といわれる現代ではなかなか社員研修が充実している優良企業は見つかりませんが、人材紹介会社であれば紹介してもらえるかも・・・しれません。社員研修制度があるようなら進んで受けてくださいね!!

recommend

おしゃれだけど安いキッズウェアが勢揃い!

携帯買取1丁目は白ロムの携帯電話を高価買取する携帯買取の専門店です。

スマホの高価買取

Last update:2016/1/21